走ろうぜ・ヨーロッパ

98年式CB750(RC42)もそろそろ10万キロに近づいて来ました。 残り15000キロ。10万キロへの道を記録します。 タイカブ(Wave110i)

本日イギリスから先日注文した中古の

タイヤ付きホイールが到着しました。
s-l1600[1]

P1060256 (2)
開封して状態をチェックします。ドキドキ?ワクワク(笑)

タイヤはほゞ新品、珍しいタイ製のタイヤで

DOTナンバーは2118、私が去年買った中華製CSTが17年だったので

それより新し柔らかいタイヤでラッキーでした。
P1060260
サイズが2.5-17 43L Vee Rubberという製品でした。

イギリスにはこんなタイヤが入ってきているんですね。

さてブレーキディスクローターですが
P1060259 (2)
かなりヘリの溝が大きいので測ってみると、2.3㎜(T_T)

3㎜を大きく下回っています。これは車検通りません。

取り敢えずローターはそのままにして

タイヤに空気を入れホイールを装着して試運転です。

これでフロントフォークから下は全て新しく成ったわけです。

中古ですが・・・
P1060264

良い良い!!!

タイヤの回転も奇麗でブレが無く、ハンドルやディスクブレーキに違和感も無し、

昔に完全に戻った感じです、完璧でした。
DSC_2014
こうやって見るとフロントフェンダー無いとスッキリしてますね。

それでは外した古いホイールは何が悪かったのでしょう。

一つはブレーキローターの歪みです。
P1060266
ローターの真ん中の錆が気になっていたのですが、良く見ると

中ほどに錆が有る所と無い所が見て取れます。

ガラスの上に置いて隙間を図ると、歪んでいるのが解りました。

もう一つの原因は恐らくは昨年購入したCSTのタイヤが不良品?
P1060265
良く見ると下の方のタイヤが太く、上の方が細い

均等にホイールに入っていません。 計測すると1㎜以上の差が

ありました。ホイールが歪むことは無いと思うので、

タイ製のタイヤを使い切った後に、中華製CSTをもう一度今回買った

中古ホイールに着けて見るつもりです。

それで普通に装着出来たら、ホイールが悪いという事になります。



さてこれで99%完治したも同然です。

残りの部品を待ちながら、追加でブレーキローターを探して、

3月に車検で完全復活です。

バイクは速度メーターが動かなくても

フェンダーが無くても、走行には何の支障も無いので

細かい所を整備したら、いよいよ走れます。

という事で今日は前祝。カンパーイ!!
P1060267
スーパーで見つけた、ナポレオンのブランデーで乾杯です。

私のような古い人間には、ナポレオンのブランディ―が

888円なんて信じられない、格安ブランデー。

美味しいかって?

安物スコッチウイスキーの方が美味しいかな。(笑)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2019年8月から書かずにいたブログですが


カブが復活しそうなので、また再開します。

昨年はまさかのカブでのもらい事故

まさかまさかの連れ合いの怪我からの

介護生活。

介護される側だと思っていた自分が、介護する側になるとは

思っても居ませんでした。

介護に集中した半年間

自分だけでなく家族の健康の大切さを思い知りました。

ようやく少し自由に動けそうになったら、冬の真っ只中です。



バイクに乗れない冬でも走りたい

青空が見えたら

凍結路面と塩化カリで濡れた路面を顧みず
P1060208
走って見れば、帰ってきたらバイクは塩で真っ白です。錆がコワイ。


カブはと言うと、ハンドルは正面を向いているのに

タイヤは右を向いているという体たらく。

車検は3月、廃車か、復活か?


それでもカブの良さを知ってしまうと

もう逃れる事はできません。

中古部品を漁っていると、なんとイギリスのサイトで中古部品発見。

EU離脱前のチャンスか?

発見したのはこれです。
P1060204
2015年製Wave110iの無事故部品送料込み約1万円

新品だとインナーチューブだけで一万円以上。これはラッキー。

届いてから取り敢えず、フロントサス毎交換してみると

カブは真っすぐ走りだしました。

ヤッター!!!

しかしどうも新品で装着したCTSのタイヤが悪いのか、ホイールバランスが

悪いのか、タイヤが奇麗に真っすぐに回転していない気がします。

ミシュランのタイヤに交換するか?

でももしホイールが歪んでいたらタイヤは無駄になります。

ミュシュランの新品タイヤ4000円


そこで再びイギリスの中古を探すと同じバイクから取った

中古のホイールとタイヤとブレーキローターが1万円弱で出ていました。

状態は良さそうです。
s-l1600[1]
これは即決購入。

残りの部品はフロントフェンダーとスピードメーターギアだけ。


これはドイツのサイトで新品を購入

欧州には部品が無いのでタイから取り寄せです。

2月の始めには到着します。約8000円。

タイの日本人サイトから取り寄せると、手数料と、日本への振り込み

手数料と送料。そしてEUに入る時に掛かる消費税と関税。

それらと考えるとドイツのサイトからの方が、良さそうでした。

全ての手配が今日終了しました。

これでカブ復活に必要なすべて部品が2月中頃には揃うでしょう。

カブ復活します。ブログも復活します。

そして私も復活します。(>_<)

またよろしくお願いします。

PS:更新もしていないのにINポイントをクリックして頂き

ありがとうございました。 励みになりました。_(._.)_
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


事故から2ヶ月

カブが再び走りました。
P1060189
カブを家から外へ出し、久しぶりにエンジンを掛けます。

懐かしいカブのトコトコ音が聞こえます

恐る恐る走り出すと、思ったより走れます。

けっこういい感じです。(^'^)

走れそうなので古い事故にあったタイヤを捨てに

ゴミ捨て場までカブで行く事にしました。


ゴミ捨て場から家にすぐ帰るのももったいないので

暫くその辺を走ってみる事にしました。


P1060190

ブレーキホースのカーブの仕方が少し大きいような気がします。

という事は前輪がやはり少し後方に向かって後退しているのでしょう。

しかしそれ自体は走りに大きく影響していない気がします。

フットブレーキの後ろに見えている、フットレストも石の上で

ガンガン叩いたので、それなりにほぼ昔に戻っています。


思ったより走れるのですが

では完全に復活したのかと言うと、微妙な所です。
P1060192
走行中にハンドルが右に取られている感じです。

ハンドルから手を離すのは無理です。

前輪の回転が均等で無く、少し振れが有るようです。

中華製CTSのタイヤがボロかったのか

ホイールに問題があるのか

三又が歪んでいるのか?

しかし走れます。

スピードメーターが動いて居ないので測れませんが

時速60㎞くらい出してみても、大丈夫そうでした。


長く続いたカブ復活記事もここで終わりにしたいと思います。

今後は買い物、近場のチョイノリバイクとして

暫く使おうと思います。


長距離ツーリングはCBで、近場買い物、悪路走りはカブで

という感じになると思います。


その後は未定でが

来年の7月の車検まで時間が有るので

様子を見ましょう。

どうしてもまたカブでガンガン走りたくなったら

スピードメーターギア、フロントフェンダー、ハンドルステム三又

等を買って、フレーム修正をしてもらって?

いやいやそこまではきっとやらないでしょう。


後は気分次第です



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村




ようやく少し状況が動いたので更新です。


まずはカブWaveの状況です。

部品が到着したので、殆ど組み上げました。
P1060157
と言ってもアクスルシャフトとタイヤ、タイヤチューブです。

組み付けて、色々試してみましたが、結局三又かフレームが曲がって

居る事を認めなければならない様です。

マッドガードがカウルが接触しています。(≧◇≦)
P1060164
ほんの少しです。しかし間違いなく三又かフレームがわずかに

曲がっているので、この部分の2㎝程の隙間がな無くなっています。

それと写真にも有りますが、スピードギアが無くなっています。

どうしてか解りません、取られたのか紛失したのかどちらかです。

フェンダー後部を切断しました。
P1060187
そして割れた前方のフェンダーを半田ごてで溶かして溶接しました。
P1060166

大部分組み上げました。
P1060188
フェンダーを取ってしまっても良いのですが、ケーブル関係が

固定できないので、一応この状態で干渉せずにタイヤが回転します。

後は曲がったフットレストを延して、取り付けるだけです。


三又とスピードギアとフェンダーをイギリスから取り寄せると約400€

掛かるでしょう。

しかしフレームが曲がっているのであれば、そこでアウトです。

現在まで約60€だけの出費なので

私としてはここでいったん終了です。

来週にでもカブを外に出して走ってみます。

はっきり言ってこれ以上お金を掛ける程では無いかな

と思い出しました。 乗れたら車検が有る間は乗る、

走れる間オフ車として来年の7月まで走る。

原付に車検が無い日本がうらやましい。

乗れる状態で無ければ、部品取りとして売るか廃車に

しようかと思います。

いよいよ試運転まで漕ぎつけました。(^'^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて先日自転車で100㎞に挑戦しました。結果は106㎞

走れました。

近場のキャンプ場まで自転車道だけを通って片道50数キロです。
P1060175
9時発12時半着。3時間半で50㎞走りました。

キャンプ場に到着。
P1060183
自転車はお腹が空くものですね。キャンプ場のレストランでガッツリ食べます。
P1060181
帰りは14時発17時半着。 やはり3時間半でした。

平坦な道だけです。
P1060186
さほどきつい事も無く、100㎞以上走ったからと言う

充実感も全く無く。

少し足の太ももが疲れたのと、

前傾姿勢の為か、首と左肩が凝ったくらいでした。

あっさりと終わってしまいました。

はっきり言って自転車は面白くも何ともない、と言うのが感想です。


帰ってきてぐっすり寝た翌朝、ベットから起きると

首が痛い、寝違えたようです。

年寄りの冷や水で、67才が自転車などに乗って

100㎞以上走ったら、それは本人が感じないどこかが

無理をしていたのかもしれません。


医者に行って注射を打ってもらい、薬を飲んで約5日で治りました。

(-。-)y-゜゜゜

自転車ブームですが、個人的には自転車よりバイクの方が面白いのが

良くわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのバイクで自転車で走る前、比較の為に100㎞程走って来ました。

P1060169

自転車とは雲泥の差です。

あっと言う間に100㎞、坂道関係なく、行きたい場所へ

奇麗な景色を見ながら余裕で走れる。

自転車よりはるかに安全性が高い。

自転車で自転車道以外の一般道を走ると、怖い、轢かれそうです。

今回のカブの事故の後に、何回かバイク屋にCB750で行きました。

すると必ずバイク屋が

「CB750良いよね、何年型に乗ってる?98年だけど。

おれのは96年型、絶対手放さないよ、良いバイクだよね」

とか違うバイク屋でも

「ちょっとCB750のエンジン音心配なんで、エンジン音聞いてみて」

と言うと

「CB750は戦車だよ。そう簡単に壊れる事はない。

どれどれ。 大丈夫エンジン音は全く問題ないよ。

良いバイクだからね」


日本では教習車イメージですが、最初にヨーロッパで人気の出た

CB750(RC42)は

今でもヨーロッパで信頼されているバイクのようです。

そろそろバイクで走るのに快適な季節に成って来ました。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

暫くはカブの部品待ちをしています。


街中を駆け巡って、Waveのアクスルシャフトを探し回ったのですが


やはり見つかりませんでした。


結局はバイクを買った販売店に行って注文して来ました。


一週間以上かかるようです、3000円くらいになりそうです。

今週中に来るかどうか?

タイヤはネットでCSTとか言うタイヤが一番安かったので

それを注文しました。

これも今週中には届きそうです。4000円位。


ステップの曲がりですが
P1060156
こんな感じで曲がっています。

右側のステップラバーがかなりしっかりと接着されていて

取るのに苦労しましたがなんとか外れました。

工具がないので、金づちで叩いても凹むだけだと思うので、

金属修理屋さんに持って行ってみようかと思います。

以前カブのトップケースのステーを溶接してもらった

お店です。


という事で今週中になんとか動くようになる事を期待しています。



さてさて閑話休題

自転車で走っています。 カブが走れないので。

CBに乗ればとも思いますが、30℃こ越えたらCBはエンジンの

熱気が・・・・。(>_<)

そこで自転車を乗り始めたのが、9日前。

5㎞、10㎞、20㎞、30㎞、50㎞を距離を伸ばして行って、

今日で乗り始めてから合計180㎞くらい走りました。


直ぐに飽きるかと思ったら、なかなかどうして今は面白いです。

まだ10日目ですが。(^^ゞ


何が面白いって、バイクで行けない所ばかりを走るので

近場で知っている場所でも改めて

新鮮に感じ、新たな発見が有ります。

例えばドナウ島の穴場
P1060147
人が居ないので、まるでプライベートビーチのようです。

今度はここでデイキャンプをしてみようと思っています。



ドナウ島21㎞は全体が車バイク禁止なので、自転車天国です。

特にこの場所は道が砂利道なので人が少ない

自転車で砂利道を走るのは、本当に気分が良いです。

タイヤが小砂利はじく音が、パチパチピチピチと鳴って

「オフロードを走っているー」って感じです。



先日は気を良くして、50㎞ドナウ川沿いを走って来ました。
P1060148
自転車はオンボロ、カッコよく言うと、ビンテージまだ走ります。

1970年代後半のフランス製ジタンGidaneと言う多分ラントナーです。(^'^)

新しい自転車はどうも味気が無い。

こんな自転車に乗っている人はいないので目立つ(^'^)



目標はまずは100㎞を走れるように。

走れたらキャンプ道具を積んで、自転車キャンプをするのが次の目標。

取り敢えず飽きるまで、カブが直るまでは自転車で遊んでます。
P1060154

閑話休題でした。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

気の向いた時だけカブを弄る


気が向かない時はカブの代わりに


自転車で走っています。


自転車で走った後の達成感はバイクの何倍も有る気がします。

まずは健康のために、目標は一日100㎞達成です。


さてその話は置いておいて。


今日は午後その気に成ってカブのチェック第2弾です。


まずはブレーキ関係

ブレーキは圧縮もありフルード漏れも無く完璧でした。(^'^)


次はメーター類を外してハンドルバーのチェックです。

P1060137
ハンドルにはクラックも変形も有りませんでした。

次は

ステムとステムベアリングです。
P1060143
ステムナットは驚くほどあっさりと外れました。 手で回せるくらいです。


これは事故のせいかな?と思ったのですが・・・・

ステムを外します。
P1060144
ここが肝心。

入念にチェックしました。 計測機が無いので、糸を垂らして

垂直を図ったり、破損や変形を調べました。

ベアリングも一個一個確認します。
P1060145 (2)
ガタつきも変形もありません。

上からも入念にチェックしました。
P1060146
ステムベアリングは全く問題有りませんでした。

もちろんフレームにも変形の跡は見つかりません。

クラックとか塗装の剥がれもありません。


じゃあフォークを動かすとカタカタと数ミリ動いた原因は何なのか?

結論は簡単でした。


ステムナットが緩んでいたのが原因だと思います。

グリスを入れなおして、組みなおすと、カッチリとガタつくことなく

ステムが止まりました。ハンドルもスムーズに動きます。



一体全損とは何だったのか?



もちろんまだ走らせていないので、最終結果は解りません、

素人の目視では壊れていないと判断しました。


既にフロントの大部分を組み上げました。

あとは部品です。

部品が来ればすぐに走り出せます。


破損しているのは。

1)フロントアクスルシャフト
2)フロントタイヤ
チューブは有るので買う必要なし。

取り敢えずこの二つだけ購入して、

残りのフェンダーは

走行実験をして問題ないようなら、購入か自作か

考えるつもりです。


既に保険会社からは全額振り込まれています。

狐につままれているようです。(^'^)
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

朝からワクワクです。

何処が壊れているのか、初めて自分で細かくチェックしました。


まずはフロントホイールの取り外しから。
P1060124
外れません。ハブボルトが抜けて来ません。

これは想定内です。 フェンダーを外して
P1060126
フロントフォークを外すと片方のフォークだけは、

ホイールから外れました。
P1060125

ホイールと片方のホークとハブボルトは付いたままです。

エンジンは快調に動いている事を確認して

バッテリーとミラー等の付属品を取り外しました。


取り合えず野外での作業はここで終了です。
P1060130

残りは家の中で作業します。

色々試してみたのですが、ホイールからハブボルトが

抜けなかったので、結局ハンマーで叩きました。

ホイールが壊れなければホイールベアリングが壊れても

交換できます。 少しだけベアリングの側に傷はついた

だけで、ハブボルトが抜けました。

最後の難関はフロントフォークからハブボルトが抜けません。
P1060131
ハブボルトがS字型に曲がっています。

ハブボルトを真っすぐにしようと、叩いてみたのですがダメでした。

フォーク側を壊すといけないので、サンダーで切断しました。
P1060133

今日はここまでです。


ここまでに見つかった破損個所。

1)タイヤ
2)フロントハブボルト
3)フロントフェンダー

だけだと思います。
フロントホイールは傷はつきましたが、曲がってはいないと思います。
ブレーキキャリバー自体は異常なしでした。
ブレーキフロントディスクも目視と定規を当てただけでは
変形していないように見えました。 まだ分かりませんが・・。
ブレーキホースは要チェックです。
フロントフォークは無事でした。まず曲がっていませんし、
インナーチューブも無事でした。


今日はここまでです。

三又ステムは恐らく曲がっていると思います。
後方に曲がったのか、左右に曲がったのかは分かりません。

ガレージが無いので、明日からバイクを家に持ち込んで、

室内で作業します。


難関は部品調達かもしれません。


細かい事は色々有るとは思いますが、

今はタラレバは考えず

目の前の現実だけをクリアーしていくつもりです。

理想はWaveがこうなったら
HO01104003
いかんいかんタラレバだ。(^'^)
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

すっかりご無沙汰しましたが


本日カブが戻って来ました。
1563304037976
行も帰りも自動車クラブにレッカーしてもらいました。無料。

保険会社からも手紙が届きました。

全損です。

金額は710€(約90000円)です。

1690€で買って710€

半額以下ですが6年と2ヶ月乗りました。

時価はリスト上は745€くらいなので、思ったより良い金額でした。

保険システムが日本とは違うのですが、とても良心的な対応でした。


通常は事故車を業者専用オークションに掛けそこで付いた金額を

時価から引いた金額が支払われるのです。

ですので時価マイナス事故車残高となるので、400くらいと

思っていたのですが、スクラップとしての価値が0と成っていました。

時価全額の710€支払われ、バイクは私の手元に残ります。

という事で久しぶりの相棒との再会です。
P1060121

さてこれからどうするか。

金はもらったから、

実はこの事故車を300€で欲しいという人が居ます。

ですのでWaveを売って

同程度以上の中古車を購入するか、又は

C125を買うか又は

バイクを降りるかです。



結論は


全損車を自分で直す。


カブを玩具にして遊びたいと思います。

暫くは走るのはCB、いじるのはWaveです。

まずは明日から現状把握です。

「カブ復活プロジェクト」

と題して


時間を掛けてノンビリとやります。

途中で部品代のほうが高く成ったり

修理不可能と成ったら、その時点で

プロジェクトは終了です。


またカブコミュニティーの皆様のお知恵を

拝借したいと思いますので、

宜しくお願いします。_(._.)_

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村




6月28日

カブが運ばれて行きました。
IMG_20190628_120457

最初に修理を依頼した、ホンダのディラーの対応がいまいち遅いので

ネットで評判のいい町の修理工場に修理を依頼しなおして

昨日自動車クラブに頼んでカブをレッカーしてもらいました。


写真見せて説明を聞いてみると信頼できそうな工場です。

写真をみせだけでは解りませんが「経済的全損」かもしれない

との事でした。


忘れない内に何点か書いておきたいと思います。



実は何年か前知っている人が、バックする車に轢かれました

歩行者だったのですが、骨がバラバラに折れて重症でした。


そう考えると、カブに乗っていない状態でバックする車に

轢かれたら・・・・・と考えると

カブが身代わりに成ってくれたのかもしれませんね。


その後ディラーに行くときも、修理工場に行くときも

CBで行きました。


1日目

なんか体のどこかに力が入った「ぎこちない」変な運転で、

駐車しようとバックするとフラフラしてます。 

どこかに恐怖心があるのでしょう。


2日目

物凄く慎重な運転に成っているのに気が付きました。

特に前を後部にガラス窓の無い、小型トラックが走っていると

車間距離をかなり取って、トラックのサイドミラーに入るように

走ってました。軽いトラウマに成ってるかもです。


3日目

かなり普通に成って来ましたが、すり抜けとかする気が

起きません。(笑)


と言いながらカブが無い分毎日CBにちょっとずつ乗ってると言う

何処がトラウマじゃ(≧◇≦)


来週中には修理か全損かの結果がでると良いのですが・・・。



さて今日は36℃明日は37℃だそうです、猛暑が続いています。

火曜日からはまた例年並みになるでしょう

またキャンプツーリングに行きたいのですが・・・・・。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

6月25日

バイクで人生初の事故です。



急にバックする車にぶつけられました。

DSCN1756_LI


被害は物損のみです。

フェンダー破損
DSCN1760

タイヤ破損、相手がバックでも衝撃がかなりありました。

転倒した写真が無いというブロガーに有るまじき行為
DSCN1762

恐らくホイールとハブ、ホイールが斜めになってます。走行不能です。
DSCN1765
フロントブレーキ圧縮漏れ。フルード漏れは無いので・・?

フレームまで逝っていないと良いのですが、前輪を揺すると

カタカタするという事は、ベアリングだけなら良いのですが

ハンドル周りが気に成ります。


それとステップ
DSCN1761

カバーが割れなくで良かった。



顛末

家のほぼ前で、バックする車にぶつけられました。

相手は外国人。水道屋さんの従業員です。

恐らく東からの出稼ぎ、ロシア系ウクライナとかブルガリアか

旧ユーゴスラビアでしょう。


「見えなかったの一点張り」で来ました。

では警察へという事で警察に電話しました。

「人身事故で無ければ自分たちで処理して下さい、現場へは行きません」

まーそうでしょう。

すると運転手は

「警察が来ないなら事故報告の書類は書かない」

言いたいことは自分のせいではないと言いたのでしょう。

私「ハイハイではもう一度警察に電話しましょう。」

「保険会社に提出する事故の報告書を書かないと言っているので・・・

来てもらえます?」

警察「では4000円頂きます」

そこで運転手に「4000円払う?」と聞くと

運転手「判った書類書く」と来ました。

そこまで自分でも不思議なくらい冷静で、後で考えると

年を取ったナーと自分の老成に驚きました。



さて書類を書く段になって、

「事故報告書持ってる?」と聞くと

「持ってない」

携帯義務有るんですけど、そのことも知らない様です。


仕方ないので自分の書類を出して、記入を始めます。



記入する段になって、何と運転手さんドイツが語が読めません。

住所と言う文章語すら解りません。


ある程度話せるけど、書けない、文章が読めないという事でしょう。


日本の様に文盲率が低い国では無いのです、それは外国人に

文盲が多いからなのです。

私も外国人なのですが・・・(^-^;



最終的には近くを通り掛かった近所の人が、偶然保険関係の人で

記入を助けてくれました。オーストリア人は親切です。


記入を終わって、私はちゃんとそのオーストリア人にお礼を言いましたが、

運転手は最後までブツブツ言って去って行きました。



「民度」という言葉あるとすると、私の知っている日本の

「民度」は間違いなく高い。どこでも例外はありますが。


日本人なら相手の事を心配し、まずは怪我が無かったか気にするでしょう。

自分の事ばかり考え、言い訳ばかりする。

謝らなくても良いから、カッコよく生きたいものです。



少子化で沢山流入してくる外国人。

日本も将来EUのような間違いを犯さないで欲しい物です。



その後と今後

昨日事故書類と写真を保険会社に提出しました。

本日早朝保険会社からメールが届いて、

「自分の好きな修理工場に運んでください、

レッカーも出します」

という事なので、これからWaveは修理工場入院です。


6年経って、20万くらいで買ったWave110i

現在の価値は10万も行かないでしょう。


修理費用はけっこう掛かるでしょう。

修理費の追加分を払ってまで修理するか?

保険会社がどれくらいの見積もり出してくるかにも

寄ります。



「そろそろバイクを降りよ」という天のお告げなのか(*^^*)



次の一手は

修理の見積もりを見てからです。





それにしても、その時何もなかった脛がちょっと痛いと感じたのは

事故の後です。 もちろん背中、肩と肘、

それと膝のプロテクターとブーツだったので

問題無かったのですが。


脛のプロテクターを付けなかった所を打撲したようです。

でも痛みはすぐに引きました。



言える事が一つだけあります。

バイクは確かに危ない乗り物です、自己反省もあります。

しかし少なくとも加害者にならなくて良かった。


「日本人の高齢者子供を轢く」なんて成ったら

考えるだけでも怖い話です。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

6月24日

下界は30℃を越える日が続いています。

こういう時は平原より標高の高い山に行って

清流でも眺めてクネクネ道を楽しむのが良さそうです。




昼過ぎ素麺を食べて12時半出発です。 

出発時間は遅いけど山(アルプス)はすぐそこです

今日は時間が無いので、高速を走ります。

時速130㎞-140㎞で巡行します、アドレナリン全開!

ボロCBまだまだ行けます。

あっという間に山に入りました。
DSCN1747
気温は峠の頂上で24℃くらい、涼しいー。

今日はCBなので山道もグイグイ登れて気持ちいいです(^'^)


本日の目的の一つが久しぶりに山の中を流れる清流に

触れて涼む事なので、奇麗な川を探しました。
DSCN1738
これで魚が見えないのが不思議なくらいですが、ちょっと浅いのかもしれません。


遠くまで行けると思ったのですが、山道はなかなか距離が稼げないですね。

カーブばかりも疲れるけど。バイクで走る峠は格別です。
DSCN1744

結局目的地までは到達せずに戻って来ました。


今日一番の景色はアンナベルク。標高976m
DSCN1749

帰りも高速に乗って、18時帰宅。

走行距離272㎞
燃費21.5㎞
ODO88071㎞

でした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

恐らく16年以上前の古いテントJackWolfskin 2人用

長年使ってお気に入りのテントを復活させる事にしました。

最近こういう雰囲気のテントが少なくてこの色で

新しいのがもう手に入らないのです。


自立ドーム型、出口2か所、インナーテントは窓だけがメッシュで

メッシュを閉じる事も出来るテントです。


これから暑い夏には風の通り抜けが良くて快適で、

大好きなテントなのですが、経年劣化で防水がかなり

弱っていました。


一番古い写真が見つかりました。 11年前の写真です。
10078755870[1]

この写真はもうテント買ってから5年以上経っていると思います。

中性洗剤で洗ったら、べたつきも取れたので、防水しました。


ヨットの帆や車のホロ等に使われる防水剤・撥水剤です。
615Vc1-QNWL._SL1280_[1]

4倍希釈で水で溶いて刷毛で塗ります、異臭も無く、素手で触っても問題ない

使いやすい防水剤でした。


雨の降るのを待ちわびで、今日ようやく実験しました。
IMG_20190622_110801
一時間くらいの雨にあたった結果は。
IMG_20190622_111049
撥水はしていますが、部分的に生地に水分が滲んでいる部分もありました。

IMG_20190622_111033
少し色が変わった部分もありますが、中に雨が浸水する事は

有りませんでした。
IMG_20190622_111610
70点くらいの出来です。

次回はこれでキャンプに行って、キャンプ場で再度

厚めに防水剤を塗るつもりです。

激しい雨に成る時はタ―ブで覆ったら問題ないでしょう。

これで大好きなテントが復活しました。


午後は森に行って、森の中は涼しいのでノンビリ読書

IMG_20190622_152028

最近思うのは

別にキャンプに捕らわたり、遠くまで距離を走る事に捕らわれず

景色のいい場所、人のいない静かな場所を見つけて

こういう形でノンビリ過ごすのも良いかなと

思っています。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

面白い動画を見つけました。

カブのすごさが良くわかります。


オーストリアの青年が

古いオーストリア製ペダル付きモペット

Maxiをモンゴル・ウランバートルへ送ります。

写真は私が持っている2STダイムラー・プッフ製

Maxi50㏄です。地下室の肥やしになってますが・・・(>_<)
10101190669[1]
この古いバイクでモンゴルから中央アジアを回って、ロシアからウクライナ

オーストリアへと戻ってきた記録です。

パミールハイウエイをこのバイクで超えようとしますが

故障続きで部品も調達できず、無理に成ったので

カザフスタンでカブ50㏄をレンタルして、これで

タジキスタンとアフガニスタンの国境沿い

そして最高地点4655mをカブで超えます。

この動画の5分55秒から一分くらいの地点で

道が砂に成ったところで

2台のアドベンチャーバイクに遭遇します。


恐る恐る走るアドベンチャーバイクをなんと

カブ50㏄がぶち抜くと言う

爽快極まりない瞬間が写っています。

速くは無いけど、これがカブの凄さだと思います。


このカブは故障一つすることなくタジキスタンを走り抜けます。(^'^)

では5分55秒から一分間が見ごたえがあります。


アドベンチャーバイクは2台で連れで走っています。

しかしカブは単独でパミールハイウエイを越えて行くのです。



チャリで超えるサイクリストはもっとすごいですけど。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村




2019年6月14日

CB750(RC42)車検通過です。


今日は6月なのに34℃の猛暑、午前中にブレーキフルードを交換して

午後一で車検に行ってきました。

DSCN1725
全て問題無くクリアーして何十回目かの車検証が貼られました。
DSCN1727
実は色々細かい所は有るのですが、今日の検査員のおやじは

顔見知りで、「後5週間で年金生活だよ」という話に成り

良かったねおめでとう等々話し込んいるうちに

車検終了しました。

ブレーキフルード変えたばかりなのに、沸点154℃

やはり前回使ったの残りと、前々回使った残りをミックスして

入れたので、劣化してましたね(^-^;

「来年までに替えた方が良いよ」とか言ってくれて

「第二の人生が素晴らしい物で有りますように」

なんて言って、プレゼントも無いので少しだけ多めにチップを

渡してお別れしました。

もう会う事も無いのかと思うと、ちょっと寂しい気持ちに成りました。


6月14日時点でCB750は走行87705㎞です。



21才





数日前から我が家の前にBMWが止まってます。
DSCN1683
スクラップでも、オールドタイマー博物館からでもなく

どうもドイツからこれで走って来たようです。ナンバーも車検も付いています。
DSCN1684
バイクの脇にはサイドカーでは無く、サイド棺みたいなボックスが付いています

ボックスの脇には弾薬庫みたいな文字が書いて有ります。

第2次大戦当時なのでしょうか?
DSCN1688
この状態で実動車ですから大したものです。

エンジンからはしっかりとBMWらしくオイル漏れしています。
DSCN1686
オイル漏れなど気にしない、気にしない

走行距離は
DSCN1685
また17892㎞ その前に1なのか2なのか3なのか興味あるところです。

バイクにこのスペアタイヤですからねー
DSCN1689

私のCBなんか洟垂れ小僧でした

このBMWに乗っている人に会って、話してみたい~~~~~

これに乗り続けているとしたら、尊敬ですね。

と言う一日でした。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

6月12日


キャンプ用フライパンを買い換えました。

長年使ってきたフライパンのテフロンが傷ついたのと

16㎝クラスの小型のフライパンが良いかなと思ったからです。
DSCN1719



二つとも今までの経験から一番使いやすかった、

オーストリアの老舗Reissのフライパンです。

鉄や鋳物も使ってみたのですが、重くて手入れも面倒

油を必ず持っていないと使えないという欠点がありました。


薄いアルミも使ってみたけど、薄いのでこれもくっついてしっくりきません。


そこで3㎜の厚いアルミのライスのフライパンは

底が厚く成っていて、全体は軽く、油なしで調理ができます。


長く使ってきた古いフライパンも今でも全くくっ付きません。


家庭の調理用なので、問題は取っ手が邪魔だったので。
DSCN1724
取っ手を外して、キャンプ用のフライパンを持つ挟む器具を使っていたのですが

これも実は不安定でした。

そこでフライパンの取ってを脱着できるようにしました。
DSCN1723
これでドライバー無しで、取っ手の脱着か簡単に出来るようになりました。



この所天気は良いものの、この週末は35℃になるそうです。

ツーリングには暑いなー


もう一つ斧の鞘をこんな風に作ってもらいました。
DSCN1721
良い感じで出来ました。

ジーパンを切った裾の部分の再利用です。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ